BLOG ピノキオブログ

ピノキオハウスの「かつどう部屋」

テーマ : その他

こんにちは。学童クラブピノキオハウスです。

ピノキオハウスにはゆっくりとくつろげる「のんびり部屋」と体を動かして遊べる「かつどう部屋」があります。今回はかつどう部屋の様子を紹介したいと思います。

つい先日、3年生Fちゃんの「今度クラス対抗で長縄やるんだ!」の会話をきっかけに、1年生から3年生までの合同長縄遊びが始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

同学年の女子には「ほら!はやくとべ~!!」と厳しいSくんが、1年生の女子には「がんばれ~!」と自然と優しい言葉をかけ、飛べるまで待ってあげている姿にはひっそりと感動してしまいました^^

長縄でチームワークを築いた子どもたちが次に提案した遊びは「大根ぬき」。大根ぬきとは、大根役が手をつなぎあって、ぬき役からぬかれないように必死に耐え頑張る、というゲームです。こちらも大盛り上がりで、終わった後「声ガラガラ・・・」と汗だくな子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

かつどう部屋と言ってもさほどの広さはないので、みんなで一つの遊びをすることが多いです。やりたい遊びが分かれると、それをきっかけにトラブルになることも多々ありましたが、最近はとても減ってきたなと思います。「じゃんけんで決めよう!」「30分たったら交代ね」と子どもたちで工夫して遊ぶ姿が増えました。子どもたちの成長を感じる瞬間でもあります。

それぞれ自由な遊びができない不自由さはありますが、みんなで工夫しながら一緒に遊べたあとは、みんな笑顔で充実した顔を見せてくれます。4月にはまだ「自分が一番!」だった子がだんだんと他者を思いやれる、そんな姿を見つけた時の喜びはひとしおです。

先日、現在4年生になるAちゃんがお母様と一緒にたくさん本を持ってきてくれピノキオハウスに寄贈してくださいました。Aちゃんは3年生までピノキオハウスで過ごした優しい女の子。退所した後も顔を見せてくれるので後輩女子からも大人気です。

 

 

 

 

 

 

 

大切にみんなで読みたいと思います。ありがとうございました。

これからもピノキオハウスを退所した子どもたちや地域の子どもたちが、安心して立ち寄れる場所にしたいと思っています。地域の方々との関りを大切にこれからも活動をしていきたいと思います。

それぞれの放課後

テーマ : その他

こんにちは。学童クラブピノキオハウスです。

元気に「ただいまー!」と帰ってくる子どもたち。宿題を終えた子どもたちは自分たちの好きな遊びを選んで過ごしています。

お部屋全体はこんな感じです ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

ズームして見てみると・・・

↓↓ スタッフにカードゲームのルールを教えてもらう男の子。真剣です!

 

 

 

 

 

 

 

↓↓ このゲームは以前使い過ぎで壊れてしまった1号がいたのですが・・・最近2号が登場! 

毎日順番待ちの人気です。

 

 

 

 

 

 

 

↓↓ 『街コロ』というカードゲーム。定期的にブームが来るようで、この日も子どもたち同士で声を掛け合ってメンバーを集めていました。街を構築していくゲームなのですが結構頭使います^^;

 

 

 

 

 

 

 

↓↓ レゴブロックはピノキオハウスの1番人気。日々作品が進化していくので最近ピースを増量しました。子どもたちの作品がすごすぎます・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓ 登室が遅い子はみんなが遊んでいる中で勉強・・・誘惑といつも戦っています。(えらい!!)

 

 

 

 

 

 

 

番外編①

サンドバックに向かて『宿題バカヤロー!』と叫んでいました。子どももストレス抱えてます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

番外編②

都民の日にお化け屋敷で遊びました。面白かったです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日いろんな面白い場面に出会えるピノキオハウスです。

今年度のメンバーと過ごせるのも後半年になりました。3月で退所する子どもたちもたくさんいます。『ピノキオハウス、なんか楽しかったよね。』と、思い出してくれたらいいなと思います。

劇団ピノキオハウス

テーマ : その他

こんにちは。学童クラブピノキオハウスです。

子どもたちの大好きな夏休みも終わり、今年も楽しい思い出がたくさんできました。

夏休み最終日には「まだ宿題終わってない・・・今日やらないとまずい・・・」と3年生のKくん。

大好きな公園遊びも我慢し夕方まで頑張っている姿に、お迎え来られたお母様方から「がんばれ~!」と温かな声援が送られていました。

「だから毎日の学習タイムに少しずつやればよかったのに・・・」と大人は思うのですが、そんな気持ちをよそに、最終日にやり切ったKくんは何ともすっきりとした表情で帰宅していきました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年の夏休み、ピノキオハウス初めての試みがありました。

野方保育園と同じ建物にある学童クラブとして、毎年年長児クラスとの交流を行っているのですが、今年は劇にチャレンジすることになりました。

集まった有志は10人。「小学校はこんなところだよ!」をテーマにした劇で、ストーリーも子どもたちが考えました。

 

 

 

 

 

 

 

上演した「たのしい がっこう」を観てくれた園児たちからは「小学校の1日が分かってよかった」「ランドセルがかっこよかった」、

保育者からは「小学生に憧れや期待を持ち始めている時にピッタリの演目だった」「何よりとても上手でした!成長を感じて嬉しくなりました」など温かい感想をたくさんいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習期間中は、モチベーションが上がらずなかなか練習が進まなかったり、もうやめたいと弱気になる子もいたりと紆余曲折ありましたが、最後、立派に舞台で演じている子どもたちの姿は感動的でした。

子どもたちにとっても貴重な体験になったと思いますが、私たちスタッフにとっても新しい発見があるとても貴重な体験となりました。

今はまた学校から元気に帰ってくる子どもたち。毎日ケンカも繰り広げられる賑やかなピノキオハウスですが、それ以上に笑い声も毎日広がっています。

これからも、貴重な放課後の時間を温かく見守っていきたいと思います。

 

お問い合わせ