BLOG ピノキオブログ

びじゅチューン

テーマ : その他

Eテレの「びじゅチューン」という番組をご存知でしょうか。

「びじゅチューン」とは、世界のさまざまな美術作品を、オリジナルの歌とアニメで紹介する番組です。つい口ずさんでしまうコミカルな歌と、ユニークなアニメで美術作品をグッと身近にしてくれます。

一度聞くと頭から離れず、歌詞も発想がユニークなので、大人もついついハマって観てしまいます。

http://www.nhk.or.jp/bijutune/

我が家の次女(2歳)も大好きで、繰り返し観ているうちに絵と歌を覚えてしまい、今では「びじゅチューンのカルタ」までできるほどに。字が読める大人よりも早く取ってしまいます(笑)。

次女のお気に入りは「見返りすぎてほぼドリル」(見返り美人)、「委員長はヴィーナス」(ヴィーナスの誕生)、「お局のモナリザさん」(モナリザ)。

おうち時間で親子そろって楽しんでいますが、社会状況が落ち着いたら、今度は家族みんなで、実際の美術作品にぜひ触れてみたいと思っています。

造形活動報告

テーマ : PLP

ピノキオ幼児舎は6月より講師によるPLP(ピノキオラーニングプログラム)と外部造形クラブが再開となりました。

今回は造形活動の様子を紹介致します。

久しぶりの活動でしたが、相変わらず子どもたちの『つくりたい!』のパワーは凄い物でした。

 

PLPは『貼り絵遊び』と『変身マスク制作』を行いました。変身マスクを付けると、更にパワーアップする様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造形クラブは『セロハンテープアート』を実施。50mテープを「何本使うんだ!」という勢いで、ガンガン制作を進めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き感染予防の対策を取りながら、こうした子どもたちの『つくりたい!』気持ちを実現できる環境作りを大切にして行きます。

夏の訪れを感じる「金時草」

テーマ : 食育

「金時草(きんじそう)」をご存じですか?

葉の表面は緑色、裏面は赤紫色の野菜です。

これから9月にかけてが旬の時期です。

熊本では「水前寺菜」、沖縄では「ハンダマ」、愛知では「式部草」と

呼ばれています。全国で主に多く栽培されているのが金沢で「金時草」と

呼ばれ加賀野菜となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

調理法は、茎から葉を取って使います。

酢の物、和え物、お浸しには茹でて、天ぷらには葉先の

柔らかい葉を使って調理します。

茹でると葉はぬめりがでて、茹で汁は赤紫色になります。

この茹で汁を使ってゼリーを作ると綺麗な赤紫色の金時草のゼリーもできます。

代表的な食べ方は酢の物で、お酢の酸と反応して調味液がきれいなピンク色になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

金時草は古くから民間療法では、産後や、目、肌に良いとされていて

女性にとってうれしい野菜です。

アントシアニン、GABA、Bカロテン、カリウム、カルシウムなどが豊富に

含まれ優れた緑黄色野菜です。くせが無く食べやすい野菜ですので、

もし見かけましたら、この夏「金時草」にチャレンジしてみませんか・・・

各園緊急掲示板 お問い合わせ