BLOG ピノキオブログ

頑張り屋な子どもたち

テーマ : その他

みなさんこんにちは。
学童クラブピノキオハウスです。
正月も終わり、大人も子どももいつもの日常に戻りましたね。
感染症が流行する時期でもありますが、引き続き衛生環境に配慮していきます。

ピノキオハウスに帰ってくると、ほとんどの子がすぐに宿題に取り組んでいます。
スタッフが何も言わなくても、自ら宿題をする習慣が身に付いているようです。
友達との会話を交えながら楽しく取り組む子もいれば、集中して短時間で終わらせてしまう子もいます。
中には、「宿題やりたくないな~」と面倒くさそうにしていても、「この問題分からない!教えて!」とスタッフに質問する熱心な様子も伺えます。
宿題をやることは当たり前かもしれませんが、「やりたくない」と言いつつ頑張って取り組んでいる姿、本当に素敵だなと思っています。
「宿題終わったよ!」と教えてくれた子には、「頑張ったね!」「すごいね!」「お疲れさま!」と、声をかけるようにしています😊

さあ、宿題が終わったら、あとは自由に遊ぶだけです!
宿題が終わった達成感で、いつもの遊びがいつも以上に楽しく感じそうですね🤭

 

12月頃から縄跳びが人気で、学年問わず大繩で遊ぶ姿がよく見られます。
普通の大繩(連続跳び)や、ヘビのように縄をくねくねさせてジャンプする遊び、縄高跳びなど、いろいろな遊びが繰り広げられています。
普段は読書をしていることが多いAくんも、この写真の時は遊びに参加していました。
途中から参加しても「いいよ~!」と受け入れてあげており、子どもたちの優しさを感じます😌

 

話は変わりますが、ピノキオハウスでは、4月から『おそうじ本舗』という活動を行っています。
夕方、職員が掃除をしていると、子どもたちから「お手伝いしたい!」という声が聞こえるようになり、有志で立ち上げたことが始まりです。
手作りチラシを持って、野方保育園の職員に営業に行くこともありました!
営業の甲斐もあり(?!)、野方保育園のトイレや靴箱をきれいにする取り組みを行っていました。

年末にはピノキオハウスの大掃除を行い、ぬいぐるみを洗濯したり、ロッカー部屋の床をピカピカにしてくれたりしました✨
今でも、職員が掃除をしていると「私も掃除する!」と声をかけてくれます。

先日、野方保育園の職員(T先生)から「おそうじ本舗のみんなにお礼を伝えたい」と話があり、メンバー全員にメッセージカードを書いてくれました。

おそうじ本舗の活動を行っている中で、形に残るお礼をされたのは初めてのことなので、嬉しかったのではないかなと思います。
照れながらもメッセージカードを受け取る姿が微笑ましかったです😊
もうすぐ年度が変わり、おそうじ本舗のメンバーも変わっていきますが、子どもたちが楽しく参加できる取り組みを今後も行っていきたいと考えています。

 

以上、今回のブログでは、子どもたちがピノキオハウスで頑張っている様子をお伝えしたいと思い、投稿させていただきました。
ピノキオキッズは本当に頑張り屋さんです!
そして、いろいろなことにチャレンジする前向きさも持っています。
私たち大人も見習わないといけないなと気づかされます。
頑張った時には、うんと褒め・認め、これからも子どもたちの声を聴く保育を行っていきたいと思います。

お問い合わせ