BLOG ピノキオブログ

豆まきの作法

テーマ : 食育

本部栄養士の今泉です。

2018年が始まってあっという間に1ヶ月が経とうとしていますね。

お正月は日本の食文化に触れる機会が多かったのではないでしょうか。

私も、オーナーになって育てた胡麻を使い「祝い三ツ肴」の一つ、

田作り(ごまめ)を作ったりしました。

田作り(ごまめ)は、五穀豊穣を願うもの。

野菜の高騰が続いているので、田畑の豊作を祈ってみました。

 

話がそれてしまいましたが、今週は節分(2/3・土曜日)がありますね!

節分は、豆まきをして邪気ばらいをする日です。

昔は穀物には魔除けの力があると考えられて、穀物である豆は霊力が宿り、

邪気を払う力があるとされていました。

そんな豆まきにも作法があるって知っていましたか?

地域により様々ではありますが、一般的な作法をご紹介します!

【豆まきの作法】

①豆は炒っておきます。

 炒った豆は「福豆」と呼ばれ、枡に入れて神棚にお供えすると

 「ますます力が増す」と言われています!

②鬼は夜にやってくるとされているので、日が暮れたら窓や扉を開け、

 奥の部屋から始めます。

③「鬼は外!」と声をかけながら豆を2回まき、鬼が戻ってこないように

 窓や扉をすばやく閉めます。

④次に家の中に向かって「福は~内」とかけ声をかけながら豆を2回まきます。

⑤各部屋で同じく豆をまき、玄関で終了です。

ご家庭での豆まきはいかがですか?ただ豆をまいていた!という方はお試し下さい。

鬼(鬼役になる優しいお父さん?)が居なくても、出来ますねっ。

ただ、この時期の夜に窓を全て空けるのはとても寒いので、邪気を払うつもりが

風邪をひいてしまったという事がないように、気をつけて下さいね。

園の給食では、1日早いですが「福豆(炒り大豆)」を使ったメニューが出ます(*^-^*)

是非、お子さんと話題にしてみて下さいね。

福祉業界に対する誤解

テーマ : 採用

採用担当の佐藤です。

先日、「福祉業界発見セミナー」というものに出席させていただきました。

 

 

福祉業界(高齢者施設、障害者施設、保育施設)の魅力を

大学・専門学校の就職課の先生方に知っていただこうという趣旨のイベントです。

 

 

ピノキオ幼児舎というよりは、保育分野全体について、

学校の先生方の前でお話させていただきました。

 

 

福祉業界のイメージ・・・大変、低賃金、人手不足、離職率が高いなどなど。

もちろんイメージ通りな部分もありますが、間違っている部分も沢山あります。

 

 

 

 

例えば離職率・・・

 

平均とほぼ変わりません。

ちなみに、ピノキオ幼児舎は昨年度は

さらに低い8.3%でした(ちゃっかりアピール)。

 

 

 

 

 

賃金についても、ピノキオ幼児舎は4月より月給を大幅アップが決定しました。

詳しくは、HPの求人募集をご覧ください。

新卒・中途採用ともに一般職の平均より良いと思いますよ。

もちろん、交通費全額支給、残業代は別途支給です。

 

 

 

 

そのほかにも、色々とイメージとの良い意味でのギャップがあります。

 

知れば知るほど魅力や良さが見えてくるのではないでしょうか。

 

 

セミナー終了後、とある学校の方が私に話しかけてくださいました。

「直接お話を聞いて、魅力が十分にわかりました」と言っていただけました。

その方の学校から来春、新卒さんが弊社に入社する話もできて盛り上がりました(笑)

 

 

 

 

採用担当 佐藤

3歳以上造形「光で遊ぼう」

テーマ : 教室

新年あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

去年12月最終の造形で園内に暗室を作り、透明コップやストロー、カラーセロハンなど

光を通す素材を使用してライトを当てるとどんなふうに光るか、どんな色になるか暗室の中で

色々実験したり、光を楽しむ造形を行いました。

子ども達は想い想いの形や素材の組み合わせをしどんなふうに光るのかワクワクしながら制作と実験を

楽しんでいました。思い描いているように光らなかった子は改良してはまた暗室で実験を繰り返し、

こだわりながら制作している様子がとても頼もしかったです。

 

暗室の中は想像以上に神秘的な空間が広がり、なかなか暗室から出てこないという場面もしばしば・・・

また機会があれば光の実験をやりたいと思います。

 

 

造形より

...34567...10...
各園緊急掲示板 お問い合わせ