BLOG ピノキオブログ

野菜高騰SOS! 捨てないレシピ

テーマ : 食育

こんにちは。栄養士の今泉です。

夏からの天候不順で、野菜の価格高騰が続いています。
最近では外食産業のみならず、学校給食にもその影響が出てきています。
比較的価格の安定している冷凍野菜や、もやし・きのこ類、豆苗やスプラウト類を上手に活用されているご家庭も多いのではないでしょうか。

食材の価格高騰が続くと、自然の恵みをいただいていることにあらためて気づかされます。これを機に、無駄なく野菜をいただくことを意識して料理をしたい!と思う今日この頃です。
そこで、ご家庭で無駄なく野菜を使うことにスポットをあてたおすすめの“捨てない野菜レシピ”をご紹介いたします。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9a%e7%ab%af%e6%9d%90%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%81%ae%e3%83%81%e3%83%82%e3%83%9f20161108_213607
 《 端材野菜のチヂミ 》

【材料】

じゃがいもの皮・・・・・・・・・出た分だけ
人参のへた(胚軸)と皮・・  〃
キャベツの芯の部分・・・・  〃
セロリの葉・・・・・・・・・・・・   〃

・薄力粉・・・・・・・・・大さじ3 
・片栗粉・・・・・・・・・大さじ1
・水・・・・・・・・・・・・・100cc
・塩・・・・・・・・・・ひとつまみ
・油・・・・・・・・・・・・・・適宜
・醤油・・・・・・・・・・・・適宜

【手順】
1.薄力粉・小麦粉・水・塩を合わる
2.野菜の端材を細かく刻み①と合わせる。
3.フライパンに油をひき、②を流し入れ両面焼き色がつくまで焼く。
4.醤油を塗り、完成。

※粉と水分量は調整して下さい。

茎や葉と根をつないでいるヘタ(杯軸)の部分は、光合成でできた栄養を根に送り届ける命の要、 いわば「野菜のへその緒」。味も栄養価も濃い部分です。切り落として捨ててしまわずに、汚れや傷がある部分だけを取り除いて味わいましょう。

ご飯の準備で出た野菜くずとして捨ててしまう部分も、細かく刻んで焼くと立派なおかずやおやつに変身です!セロリの葉もとても食べやすくなります。
このチヂミのレシピはポトフを作った時の材料ですが、他にも、大根の皮やヘタ葉物野菜のヘタの部分など、なんでもお好みで入れてみてください。なんとなく自然のパワーを感じるお味がします。
 
また、ゴミの少なさに台所も気持ちもスッキリです♪

yjimagena6shqv7

※野菜はしっかり洗ってご使用してください。農薬が心配な場合は、沸騰した湯で30分~1分茹でこぼしましょう
それでも心配な場合は、天然成分で出来た野菜の汚れを落とす洗剤も今は多く出回っていますので、うまく利用されるといいかと思います。

 

ピノキオジャンボリー2016

テーマ : 採用

11月3日(祝)、ピノキオジャンボリー(合同運動会)を行いました。

ピノキオは小規模園が多いので、合同で近くの小学校・中学校のグラウンドをお借りして毎年行っています。

この日の天気は快晴。温かい日の光を浴びて、子どもたちは元気に体を動かしました。

1478489377528

就職活動中の学生も見学に来てくださいました。

これから就職活動という学生も多いので、子どもたちの様子、保育者の様子をみる良い機会になったのではないでしょうか。

 

もちろん、イベントだけではなく、普段の様子もぜひ見学に来てくださいね。

ご希望の方は下記までお気軽にお問合せ下さい。

 

採用担当 佐藤

連絡先 電話(03-3317-5113)またはメール(saiyou@pinoh.co.jp / satou@pinoh.co.jp)

ピノーコーポレーション 採用サイト

http://recruit.pinoh.co.jp/

マイナビ2017 ピノーコーポレーションのページ

https://job.mynavi.jp/17/pc/search/corp100825/outline.html

子どもアート探険隊 ピノキオ造形クラブ

テーマ : 教室

img_1823

こんにちは。造形の小川です。

民間学童ピノキオハウスでは、小学生の子ども達を対象に、『子どもアート探険隊 ピノキオ造形クラブ』を行っています。10月は、2回にわたって『アニメーション作りに挑戦』を行いました。

1回目はパラパラ漫画を参考に、子ども達の絵によるアニメーション『パラパラアニメ』に挑戦しました。数秒のアニメを作るのにも、たくさんの原画の枚数が必要です。少しずつ描かれた物がずれていく原画を、トレース(写し)やコピーを使って制作していきます。

図鑑を見て動物の姿や動きを見て作品にしていく子や、30枚を超える長編作品にトライする子もいました。原画をパソコンに取り入れて動画にしてみると、見事にアニメーションになっていました。

img_1800

img_1835

 

2回目は、自分達自身を撮った写真をパラパラアニメの様に動かす、『パラパラ写真アニメ』に挑戦しました。撮影セットを自分達で用意し、自分達自身が被写体となって動きながら撮影しなければならない為、大量の原画を描くのとは全く違う大変さがありました。数十秒の動画を作るのに1時間以上かかり、体もヘトヘトになりました。

写真を繋げて作る為、実際には実現不可能な不思議な動きも表現出来るので、とても面白い作品に出来上がりました。

 

img_1899

img_1906

 

完成した作品はホームページ内のピノキオシアターでご紹介しています。ぜひご覧ください。

各園緊急掲示板 お問い合わせ