BLOG ピノキオブログ

じゃがいも堀り遠足を開催しました!

テーマ : 行事

6月16日(日曜日)

西武池袋線の保谷駅からお子さんと一緒に歩くと、徒歩7分程度にある「高橋農園」へ親子でじゃがいも掘りに出かけました。

雨を心配していましたが、じゃがいも掘り日和になりました。

「楽しかったです」「帰りは子どもがひとり増えました」など、たくさんのじゃがいもの抱えて、喜んで帰っていただけました。

畑には他にも野菜が植えられていて、ブロッコリーを見つけると「あったよー」と保護者へ嬉しそうに報告するお子さんや興味深々に見ているお子さんもいました。

土の下からじゃがいもが出てくると「みてみて」「もっとほりたい」「むしもでてきた」と、自然を満喫する姿が見られ、微笑ましかったです。

高橋農園さんではブルベリー摘みも楽しめます。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

▼ 高橋農園さんブルベリー摘み ▼

ピーマンで・・・

テーマ : 食育

夏野菜の代表格「ピーマン」

ちょっとにがてな野菜の代表格でもありますが・・・

 

そんなピーマンを使って、ふりかけを作ってみませんか(^^♪

しらすやかつお節が入ってうま味があるので、ピーマンの苦味をあまり感じません!

 

 

Let’s cook~♪

材料(4人分)

・ピーマン 40g ・かつお節 4g ・しらす20g 

・白いりごま、しょうゆ、ごま油 各小さじ1

作り方

1、ピーマンをみじん切りにする。

2、ごま油でピーマン、しらす、かつお節、ごまの順に炒める。

3、しょうゆを加えて水分がなくなるまで炒めて完成!

 

    ご飯に混ぜておにぎりにしても・・・good🍙

 

ピーマンは通年、出回っていますが、旬の時期は6月から9月です。

ピーマンの手作りふりかけ、お試し下さい~♪

 

みんなで楽しく『リトミック』!

テーマ : PLP

子どもたち、とっても楽しそうですね♪

さて、一体何をしているところでしょうか?

 

 

正解は、リトミックをしているところでした!

今回はピノキオブログ初登場、PLP(ピノキオラーニングプログラム)の「リトミック」を紹介します。

 

リトミックとは、スイスの音楽家であるエミール・ジャック=ダルクローズによって創案された音楽教育法です。

従来の音楽教育にリズム運動を取り入れ、音楽と一緒に身体を動かしながら、楽しく自然に音楽の基礎を身に付けるとともに、集中力や想像力、創造性を養い、心と身体のバランスをとることを目的としています。

身体を楽器に見立てた音楽の表現活動でもあり、「音楽」+「身体」+「心」を融合した“心の体操”とも言われています。

音楽を聴く、歌う、演奏するなどの全てのことを、身体の動きを通して楽しみながら感じ取っていきます。

 

リトミックで要となっているのが「即時反応」です。

音楽の変化や合図を聞き取り、素早く判断し、動作で表現します。

PLPのレッスンではCD等の既存の音源ではなく、講師の生演奏で行います。

毎回即興的に合図が入るため、「次は何が起こるのかな…?」というワクワク感が、子どもたちの興味関心を引き出します。

 

↑「キラキラの音が聞こえたら、みんなもおててキラキラしてみようね。」

即時反応に加えて、音の高低を聞き分け、それらを身体で表現している様子です。

 

↑「スカーフを使って、ゆらゆらスウィング♪(拍子やフレーズ感の表現)」

 

↑「お友だちとみんなで歌あそび、楽しいね♪(音程/強弱やリズムの表現)」

 

 

ピノキオのリトミックでは、子ども一人ひとりの個性を大切にし、いろいろな角度から幅広く音楽を捉え、潜在的な能力(集中力、判断・反応力、想像力、自主性、自己肯定感、社会性など)の発達を促します。

リトミックは子どもたちにとって、楽しいあそびの時間です。

あそびの中で楽しみながら、「表現したい気持ち」や「感じたことをありのままに全身で表現する喜び」を自然に育んでいきます。

各園緊急掲示板 お問い合わせ