BLOG ピノキオブログ

福祉業界に対する誤解

テーマ : 採用

採用担当の佐藤です。

先日、「福祉業界発見セミナー」というものに出席させていただきました。

 

 

福祉業界(高齢者施設、障害者施設、保育施設)の魅力を

大学・専門学校の就職課の先生方に知っていただこうという趣旨のイベントです。

 

 

ピノキオ幼児舎というよりは、保育分野全体について、

学校の先生方の前でお話させていただきました。

 

 

福祉業界のイメージ・・・大変、低賃金、人手不足、離職率が高いなどなど。

もちろんイメージ通りな部分もありますが、間違っている部分も沢山あります。

 

 

 

 

例えば離職率・・・

 

平均とほぼ変わりません。

ちなみに、ピノキオ幼児舎は昨年度は

さらに低い8.3%でした(ちゃっかりアピール)。

 

 

 

 

 

賃金についても、ピノキオ幼児舎は以下の通りです。

新卒月給・・・22万円(2年制学校)、22.5万円(3-4年制学校)

中途月給・・・24万円

もちろん、交通費全額支給、残業代は別途支給です。

 

 

 

 

 

良いと思いませんか?

 

色々とイメージとの良い意味でのギャップがありますね。

 

知れば知るほど魅力や良さが見えてくるのではないでしょうか。

 

 

セミナー終了後、とある学校の方が私に話しかけてくださいました。

「直接お話を聞いて、魅力が十分にわかりました」と言っていただけました。

その方の学校から来春、新卒さんが弊社に入社する話もできて盛り上がりました(笑)

 

 

 

 

採用担当 佐藤

3歳以上造形「光で遊ぼう」

テーマ : 教室

新年あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

去年12月最終の造形で園内に暗室を作り、透明コップやストロー、カラーセロハンなど

光を通す素材を使用してライトを当てるとどんなふうに光るか、どんな色になるか暗室の中で

色々実験したり、光を楽しむ造形を行いました。

子ども達は想い想いの形や素材の組み合わせをしどんなふうに光るのかワクワクしながら制作と実験を

楽しんでいました。思い描いているように光らなかった子は改良してはまた暗室で実験を繰り返し、

こだわりながら制作している様子がとても頼もしかったです。

 

暗室の中は想像以上に神秘的な空間が広がり、なかなか暗室から出てこないという場面もしばしば・・・

また機会があれば光の実験をやりたいと思います。

 

 

造形より

「イフタフ、ヤー・シムシム!」

テーマ : 食育

こんにちは、本部栄養士の山本です。

今年も残りわずかとなりました。

月日の経つのは早いですね・・・

以前、ピノキオの給食の先生有志と一緒に国産胡麻のオーナーに

挑戦していることをブログで報告いたしました。

今日は、その後の収穫まで一気にご報告~!

花が咲いた後、

葉っぱの根本・茎に沿うように鞘が育ちます。

 

 

 

 

天に向かって真っすぐ伸びていきます。その高さは1m越え!

刈り取り→→2週間くらい乾燥・追熟。

 

乾燥・追塾後は鞘が割れ始め、触れただけでパラパラと胡麻が落ちます!

手作業で胡麻とそれ以外をより分け。

 

鞘の中身はこんな感じ!胡麻がずら~っと並んで入っています。

胡麻とそれ以外を分けたら、選別機でいい胡麻とよくない胡麻を分けます。

重さで選別。軽い胡麻は風で飛ばされはじかれてしまいます。

  

胡麻は刈り取りのタイミングや追熟後のタイミングの見極めがとっても大切。

タイミングを間違えると、鞘の中の胡麻がはじけてしまいます。

それゆえ、とっても手間がかかり国内では生産者がほとんどいないそうです。

 

タイトルの「イフタフ、ヤー・シムシム!」はアラビア語でした☆

日本語では「開けごま!」「イフタフ(開け)、ヤー(呼びかけの間投詞)・シムシム(胡麻)」

アラビアンナイトに出てくるこの言葉は、その時代、中近東では胡麻は宝とされていた事や

パッと勢いよく開く様子からこの呪文が出来たと言われています【諸説あり】

 

胡麻がどのように育つのか、とても勉強になり貴重な体験でした。

また給食の先生達とも食を考える体験をしていけたらと思います。

おまけ・・・。

↑「どちら様?」

ちょうちょの幼虫。とても珍しいそうです。それゆえ名前が覚えられませんでした・・・。

12345...10...
各園緊急掲示板 お問い合わせ