ABOUT 保育について

保護者様と保育士の連携についてCOOPERATION

連携

開かれた保育園でありたい。この想いこそ、ピノキオ幼児舎の出発点です。
不安を与えない質の高い保育を実現するには、ご家庭での様子や園での過ごし方など、保護者様と保育士との連携が不可欠。
保護者様の視点、保育士の視点をもって、ひとりひとりの個性にあわせた保育をしていくことが大切だと考えます。
また、保護者参加型のセミナーやシンポジウムを通して、子育ての悩みを解消し、子育ての楽しさも共有しています。
当園では「毎日の連絡ノート」や「保育参加(参観)」を通して、保育をオープン化。
また、保護者様参加型のセミナーやシンポジウムを通して、子育ての悩みを解消し、子育ての楽しさも共有します。

ピノキオの7つの取り組みTOOL AND OCCASION

  • 毎日の連絡ノート

    お子さまの様子を、日々の連絡ノートで保護者様と共有。
    また、登園時や降園時に家庭と園の様子を双方で伝えあいます。

  • 年間2回個別面談

    保護者様と保育士との個人面談を年2回実施。
    現状と今後の保育について、詳しく話し合います。

  • 保護者会

    年2〜3回開催。
    お子さまの園内での日々の様子をお伝えし、季節のイベントを行い、コミュニケーションをはかります。

  • 運営委員会(ピノつく)

    保護者様・園職員・第三者委員が、今後のより良い保育について年2回語り合う会です。

  • 保育参加(参観)

    保護者様に来園いただき、保育士の目になって保育参加していただきます。
    小さなお子さまを対象にした保育参観も行っています

  • 保護者アンケート調査

    年に1回、保護者全員を対象に行っています。
    平成27年度は、保護者(510名)の約95%から「満足・大変満足」の評価をいただきました。

    データで見るピノキオ

  • 保育サービス第三者評価

    第三者がサービスの質を客観的に評価する「第三者評価」を受診し、課題の発見と改善に努めています。
    結果は東京都HP『とうきょう福祉ナビゲーション』に公開されています。

    とうきょう福祉ナビゲーション

保護者様参加型セミナー・シンポジウムSEMINAR・SYMPOSIUM

  • 子育てセミナー

    ピノキオ幼児舎では、毎年「子育てセミナー」を開催しています。
    子育てセミナーは「子育て懇親会」などで構成され、成長・発達に関する専門的なお話を保護者様にお聴きいただくほか、個々に時間をとってひとりひとりの子育ての悩みや迷い、疑問などをお話いただくカウンセリングを行なっています。また、子育てに関する専門講師をお招きし、特別子育てセミナーを開催しています。

  • 保育シンポジウム

    毎年1回、ピノキオ幼児舎全園の保護者様、保育士、関係者様が一堂に会して行なわれます。
    テーマに応じて様々な専門家をパネラーとしてお招きし、毎回子育てをテーマに熱い議論が交わされています。

  • 応急手当研修

    万が一に備え、応急手当プログラム「L.S.F.A-Children’s」認定インストラクターの資格を持った保育士による「子どもの応急手当(気道内異物除去)」研修を開催。
    父の日のお父さん懇親会や保護者会の中で行っています。

各園緊急掲示板 お問い合わせ